北アルプスの雄大な景観が眼前に広がる長野市大岡地区。
豊かな自然に恵まれた大岡の風土、観光情報、Iターン移住、地域住民の活動などについてご紹介します。

大岡ってどんなところ?

大岡地区(旧大岡村)は、長野市の南西部に位置する、人口千人ほどの地区。北アルプスの雄大な景観、豊かな森林、清らかな湧き水に恵まれ、長野冬季オリンピックの開会式にも登場した芦ノ尻道祖神に代表される、昔ながらの農山村文化が息づく歴史と伝統のある地区です。

人々の暮らし

一般的な農山村らしく、専業・兼業農家や林業に従事する人が多いのですが、近年は都会からのIターン移住者も増え、新しいスタイルの農業に取り組んだり、田舎らしさを活かした独自のビジネスにチャレンジするケースも。

集楽学校

大岡全10区をフィールドに開催された地元学講座「集楽学校」。『「であい・ふれあい・まなびあい」から「つながりあい・ささえあい」へ』をテーマに、足掛け2年で大岡全区を探訪しました。

発信大岡・おすすめ記事

在宅ワークで田舎暮らし

投稿者:垣下和之

都会からIターン移住を真剣に考えている人にとって、一番の現実的な問題はやはり「仕事」のことではないでしょうか。
自然が豊かな田舎は、もちろん住むのに良い環境なのは分かっていますが、ぶっちゃけ「食っていけ...

浮世絵で地域おこし – 奈良県五條市

投稿者:垣下和之

奈良県五條市で先日(H30.1.10-1.28)、歴史のある町並みを活かした地域おこしイベントとして「浮世絵展」が開催されました。
これは浮世絵の展示を通じて江戸時代を学び、浮世絵が世界に与えた影響や、...

【田舎移住体験記】三千坪の山林を、坪単価「千円」で取得

投稿者:垣下和之

私の田舎移住の顛末はちょっと特殊なケースなので、はたして参考になるかどうか分かりませんが、これから田舎移住を真剣に考えている人たちに向けて、ひとつの事例としてその経緯を綴ってみたいと思います。